投資損益計算書

第一チェック項目 売上総利益

売上総利益は、

 

売上高から売上原価を差し引いた利益のことを言います。

 

 

いわゆる粗利がこれに当たります。

 

 

売上総利益には、販売に係わる経費が含まれており、

 

企業の本業の正確な利益手はありません。

 

 

企業の本業の正確な利益を表すものは、

 

売上総利益から、販売費及び一般管理費を差し引いた、営業利益がそれにあたります。

 

 

 

売上高とは、

 

企業が商品や製品を販売したり、

 

役務を提供したり、

 

また、サービスなどのサービス料のことで、1年の事業を通じ得られた収益のことを言います。

 

 

 

企業によっては売り上げのことを年商や営業収益と呼ぶ場合もあります。

 

 

売上高は、財務諸表における損益計算書の項目の中のひとつです。

 

 

 

売上高は、企業が利益を生み出す源になります。

 

 

 

どんなに経費などの削減努力をしても、

 

売上高がなければ利益も生まれることはありません。

 

 

 

 

 

事業の規模の大きさは、
この売上高の大きさが大きいほど大きいということができます。

 

 

 

 

但し、業種や製品によって売上原価が異なるため、
売上高が大きいからと言って、必ずしも利益が大きいとは言えません。

 

 

 

 

※売上高には、土地や建物といった固定資産を売却して得られる利益の特別利益や、
長期にわたり貸していたお金の回収を諦めた時の損失の特別損失は含まれていません。

 

 

 

 

売上原価とは、製造業であれば、
商品を作るための原料費などの費用や、
卸売業や小売業などでは、仕入原価がこれに当たります。

 

 

 

期首在庫は売上原価に含まれ、
期末在庫は売上原価に含まれません。

 

 

 

そこで、
卸売業や小売業を例に売上原価の計算をする場合は下の計算式になります。

 

 

 

 

売上原価=期首在庫+仕入高-期末在庫

 

 

 

売上総利益の式は、以下の通り表されます。

 

 

 

 

売上総利益=売上高-売上原価

 

 

 

売上総利益は売上原価の額に左右されます。

 

 

 

売上高が一定であるとした場合に、
売上原価が小さくなれば、売上総利益は大きくなります。

 

 

 

逆に売上原価が大きくなってしまうと、
売上総利益は小さくなってしまいます。

 

しかし売上原価はやり方次第で変化をしてしまいます。

 

 

それは期末在庫の評価の仕方です。

 

 

 

期末在庫を高く評価をすれば売上原価が小さくなりますし、
期末在庫を安く評価すれば売上原価は大きくなります。

 

 

 

このように期末在庫の評価の仕方によって、
売上原価を大きくしたり、小さくしたりできることになります。

 

 

その結果、売上総利益の額を調整できることにってしまいます。

 

 

期末在庫に対し、期首在庫は前期の期末在庫をそのまま転写しますので、
操作の余地はありません。

 

 

また、仕入高も当期の伝票を次期に持ち越すと言ったことをしない限りは、
操作の余地はありません。


短期投資にはチャートを読む技術が必須

損益計算書など資産表は、あくまでも、長期に投資をする場合の判断指標になります。

 

 

昨今の個人投資家が行なっている投資は

 

デイトレードなど、ハイリスク・ハイリターン型の投資は

 

どちらかと言うと投機に近い性質を持ちます。

 

 

投機の怖いところは、短時間の決済を繰り返すため、通常の経営判断では投資に失敗してしまいます。

 

 

 

 

 

短期投資にはテクニカルチャートと言う特殊な判断材料を使う事が必須となるのです。

 

 

投機の判断は膨大な情報を一瞬で判断する必要があるため、人間の脳では処理が間に合いません。

 

 

そこで、チャートを分析して、過去の動きから数分後の動きを予想するテクニックを使い投資で利益を上げる形になります。

 

 

短期投資の場合は何度も何度も決済を繰り返し、その中で最終的に利益をプラスにすると言う長期投資とは違った考え方が必要で

 

それに伴い、投資のテクニックも長期投資とは違ったものになるのです。

 


テクニカルチャートが読めれば予測精度が高い バイナリーオプション

 

投資に使える損益計算書は?

 

 

短期型の投資をトレードと世間一般的に呼びますが、

 

トレード型の投資で予測をたてるツールがテクニカルチャートになります。

 

FXや株式投資においても、
デイトレードを行う人は殆どテクニカルチャートをツールとして利用しています

 

では、テクニカルチャートを使えばみんな予測が的中するかと言うと

 

 

実は、そうでもないのが現状なのです

 

 

テクニカルチャートは人によって読み方が違うツールになりますので
テクニカルチャートの表面だけを眺めてもトレードで成功する事は難しいと言えます

 

抽象度を高めた気づきが必要とも言えます

 

 

しかし、最近市場が大きくなってきた

 

バイナリーオプション投資ならテクニカルチャートの表面を読むだけでかなりの予測精度が見込めます

 

バイナリーオプションは10年前に新しく出来た投資市場なのですが、

 

株式トレード、FXトレードに必要なテクニックの損切りと利確の概念がありません

 

非常にシンプル克ドライなオプション市場と言えます

 

また、普通のオプション投資には当然の売りになっている

 

レバレッジ取引もありません

 

なので、トレードを行ったことがないと言う投資家でも比較的に安心して市場参加出来る仕組みになっています

 

もちろん、投資ですので注意点はしっかりとあると思ってください

 

バイナリーオプション投資について知識がない人はこちらを閲覧する事をお勧めします

 

バイナリーオプションとは?

 

また、バイナリーオプション投資はシンプルな投資スタイルの為、Excelシートなどで投資管理が簡単に出来ます

 

基本的にはテクニカルチャートを利用して予測的中率を高める

 

この部分が第一で、

 

次に資金配分をしっかりと計算して、
尚且つ、複利で資金運用をする

 

この3点をしっかりと行ない続ける事で資金は増えていく仕組みになっています。

 

デメリットは、大きな金額の資産運用には適さないと言う部分です

 

バイナリーオプション投資では1億円以上の資産運用は市場の規模を考慮すると難しい仕組みになっています

 

数千万円程度までの資金運用であれば、
他の投資に比べて成功者が多いのが特徴となります。

 

投資のために必要な諸表の一つ損益計算書を読み解く

損益計算書の利益の種類

 

 

企業に投資する株式投資や社債投資において、
その企業を判断するために必要な諸表のひとつが損益計算書です。

 

 

 

企業のある一定期間の収益と費用を表した一覧表で、
企業が一定期間にどのくらい儲かり、どのくらい損をしたのかを判断することができます。

 

 

 

損益計算書で企業を判断するには、その期だけの数字を見るのではなく、
過去何期分かと比較してみる方が、その企業の実力がわかりやすいはずです。

 

 

 

賃借対照表が債権者のための書類であるのなら、損益計算書は投資家や税務署の書類ということができます。

 

 

それは、損益計算者が生み出された過程や、
その内訳を知ることができるからです。投資家にとっては利益をきちんと出しているかなどを判断するために必要な書類で、
税務署にとっては、企業の利益を正確に把握することで、税金をきちんと徴収するために必要な書類だからです。

 

 

そしてまた、損益計算書は、賃借対照表の余剰金にあたるともいえます。

 

 

 

賃借対照表の余剰金は、毎年の企業の利益が蓄積されています。

 

 

勿論、今季の利益はありますが、
前期も前々期も含まれているのです。そういった意味でも、
損益計算書は賃借対照表の余剰金の中に含まれているということができるのです。

 

 

 

 

損益計算書は利益を計算する損益計算書と、
利益の使い道を説明した剰余金計算書があります。

 

そして損益計算書の中の利益には、売上純利益(粗利益)・営業利益・経常利益・税引前当期純利益・当期純利益があります。

 

 

売上総利益・・・・売上高から売上原価を差し引いた利益
         売って得た利益から、売れた数量分だけの仕入原価を引いて出した利益です
         売れ残った商品の仕入れ原価は計算に入れません

 

営業利益・・・・・売上から本業にかかるコストを差し引いた利益
         給料など企業を維持するものや、
         売上を増加させるために使った経費を差し引いた額になります。

 

経常利益・・・・・本業を含め、普段行っている継続的な活動から得られる利益
         本業以外の損益を加えて算出します。

 

税引前当期純利益・税金を引く前の利益
         経常利益に臨時的に発生した利益の特別利益を加え、 
         臨時的に発生した損失の特別損失を差し引いて求められます

 

 

当期純利益・・・・法人税及び住民税を差し引いた利益
         法人税などの社会的なコストを支払ったうえでの純粋な営業活動での利益です

 

 

トータル的な企業の実力を知るには、
営業利益よりも経常利益を見た方がいいでしょう。

 

 

また、税引前当期純利益の金額が、

 

プラスなら「儲かっている」、

 

マイナスなら「損をしている」ということができます。

 

 

チェック項目2 営業利益